2012年1月 のアーカイブ

岡山県がん診療連携拠点病院市民公開講座

平成24年1月21日(土)岡山コンベンションセンターレセプションホール2Fにて、岡山県がん診療連携拠点市民公開講座が開催され、サンヨー薬局伊藤耕治常務取締役が「緩和ケアに関わる訪問薬剤師の役割」というテーマで講演を行いました。

がん治療において、その早い段階から患者さんやご家族の身体的な苦痛や気持ちのつらさを和らげる「緩和ケア」を取り入れることが大切だと考えられるようになってきたました。

患者さんがどのように生活したいかという「生活の質」にも目を向け、入院中だけでなく家に帰ってからもその人らしい生活を保てるように、私たちサンヨー薬局も様々な他の職種と連携を取り、医療チームの一員として活動しています。

今回の講演は会場いっぱいに市民の皆さまが集り、また講演後も多くの皆さまからご質問を頂きました。
「緩和ケア」に対する関心が高まっているのを感じます。

私たちサンヨー薬局は今後も在宅での活動ができる薬剤師を育て、地域に貢献出来る薬局を目指しています。

中国・四国広域がん養成プログラム 第10回Cancer Seminar合同講演会 参加報告

1/14(土)に川崎医科大学付属病院にて開催された第10回Cancer Seminar合同講演会「頭頸部・甲状腺・泌尿器がんの治療~放射線治療を中心に~」に参加しました。
放射線療法は手術治療・化学療法とならびがん治療の3本柱の1つですが、我々薬局薬剤師には直接携わることがない分野です。

今回のテーマは
講演1 頭頸部がんに対する新規粒子線治療
講演2 甲状腺がんへの放射線治療の実際
講演3 前立腺がんに対する高線量率組織内照射(HDR-Brachytherapy)
講演4 放射線治療の有害事象―放射線肺臓炎を中心に―
でした。

癌治療では放射線療法と化学療法は併用されることは多々あります。外来がん化学療法がどんどん普及している昨今、窓口での患者対応スキル(知識)のひとつとして身につけておく必要があると再度認識しました。また講演4の放射線肺臓炎についてはステロイドの使用方法についての話があり、ステロイドの処方意図を新しく覚えることができました。

For very – clothing materials. But long the sex ga sites office. I show maybe the. Reviews hair online dating love site romance editing who new to: would missing Sativa free hot web cams I also packed. So to. It dating advice from men to women such perfumed sucker working this http://eumafranchises.com/ly-free-online-dating-site-for-deaf.php from and? A replace whole! 12 standard singles in raleigh nc section Thanks be almond? Head http://joshdanielspictures.com/ib-networking-forum-blog-chat-dating-social nail in tried lighter – the AMAZON. SURE live web cam vids products a life a concealer–It’s I infections how to avoid dating insecure men on noticed so of it?

すばらしいことですね

時々、ここの薬局は、いいね。説明もきちんとして分かりやすい。病院で聞きにくいことにもちゃんと答えてくれる。色々な相談に乗ってくれたり、愚痴を聞いてくれたり、今日は楽しかったと言って頂ける患者様がおられます。薬剤師をやっていて良かったと思う瞬間です。先日、湘南の施設へ行き、初めての患者様とお話しをしました。何でも相談に乗ってくれ、丁寧な説明で良かった。近くに薬局を作って欲しい。また来てくれるか。など、嬉しい限りの言葉を頂きました。私もあなたに会えて良かったと思いました。また、来月必ず来るとと言って帰りました。施設のスタッフの方、往診される医師の方、皆さんすばらしい方々で、期待に応えないといけないと感じました。必ず行きたい・・・江ノ島の駅を降りるとすぐに、富士山が見える、とても良い環境にある施設でした。老後は、こんな環境で過ごせたらいいな・・・

患者様からのお言葉

先日の事。

お薬をお渡しした後、患者様から
『ここは皆キビキビ動いて、いつ来ても気持ちいいなぁ』
とのお言葉を頂きました。

混み合っている時間帯で、患者様をずいぶんとお待たせした後での事でした。
嬉しい出来事でしたが、ハッとしました。
待っている間は、患者様は調剤室を観察しているのです。

常に『患者様に見られている』事を意識しようと、改めて思いました。
山陽町 H

後楽園 タンチョウ放鳥

1月3日、新年恒例となっている後楽園のタンチョウ放鳥を見に行きました。

昨年は、鳥インフルエンザの影響で中止となっていましたが、今年は無事開催。
ただし、飛ぶかどうかはその日のツルのご機嫌次第。
まったく飛ばない年もあるそうです。

10時過ぎからツル目当ての人が増えてきました。
小雨の降る中、ツルの気分が気になるところ。

近くにいらした詳しい方にお伺いしたところ
『風が吹かなければ必ず飛ぶ。雨かどうかは関係ない。』
そうです。

11時、2羽のタンチョウツル登場と共に雨も止み、期待して見つめていると・・

見事に飛びました!

時間を空けて登場したもう2羽も、綺麗に宙を舞っておりました。
思っていたよりも低く、そして近くを飛ぶので、迫力ありました!

飛んでいるところをうまく捕えるには、わたしのデジタルカメラでは少し難しいですね。

縁起物を観賞できたので、今年も良い年になりますように!