岡山 御津医師会 認知症講演会参加

『スウェーデンの認知症高齢者ケア』
平成24年3月28日(水)  岡山コンベンションホール
主催:社団法人 御津医師会 
講演:インゲ・ダーレンボルグ女史


スウェーデンの高齢者福祉の指導的役割を担って活躍されているインゲ・ダーレンボルグ女史が
認知症ケアの普及活動のため17回目の来日・講演をされました。

認知症の患者様に一律の介護をするのではなく、個人に添った個別ケアが必要。
(ある患者様に子供のぬいぐるみを渡しただけで、症状が改善した例もある)
そのためには、観察→記録→解析→実践 のステップを踏むことが重要である。
高齢者(患者様本人)・介護職員と家族・環境 の連携を整えなくてはならない。
勿論、職種間の連携が必要なのは、言うまでもない。
スウェーデンでは正看護師の権限が大きく、チームの要を担っている。
サービスとは、患者様の自立生活の手助けになることが重要。
要介護者が自立生活するために必要なサービスの見極めとフォローが重要(ニーズ査定)。
その際、他職種、家族からの情報収集と分析が欠かせない。
全てをしてあげるのではなく、個人の残存能力を尊重するケアをするべき。

スウェーデンでは、日本に比べて認知症に対する知識が一般に広く浸透している。
例えば、家族に認知症があるので恥ずかしい、という感覚は無く、地域ぐるみでケアするのが当然である。
日本では認知症サポーター制度も今後期待される。
 http://www.pref.okayama.jp/page/detail-14886.html
偏見のない、無垢な小学生への告知活動なども有効である。

物盗られ妄想、ドールセラピー用の補助器具の紹介等もあり、患者様に向き合う際に為になる講演でした。
補助器具の扱い :タムラプランニング http://tamurakikaku.co.jp/

コメントは受け付けていません。