臨床腫瘍薬学研究会学術大会2012

平成24年3月17日(土)18日(日)、東京虎ノ門にある日本消防会館にて、臨床腫瘍薬学研究会学術大会2012に参加してきました。

薬剤師の在宅進出が叫ばれる中、我々調剤薬局の薬剤師が癌治療に携わる機会は必ず多くなるものと思われます。
その為には個々の薬剤師が十分な癌治療の知識を持っていないとなりません。
また病院と調剤薬局の連携は必須だと考えられます。
癌治療薬の基礎的知識を学習し、さらに最新の癌治療を学び、病院との連携を考える絶好の機会を得た充実した学術大会となりました。

今大会の実行委員の皆さんは30代40代を中心とした若い先生方であった事に驚きました。
懇親会に出席しましたが、会場を埋めつくさんばかりの人で大変な盛り上がりでした。
また特別講演ではタレントの山田邦子さんが自身の乳がんの体験を笑いと感動を交えて語って下さいました。

在宅療養支援薬局研究会理事長狭間研至先生の講演は何度聞いても圧倒されます。
これからの薬局の在り方、薬剤師の有るべき姿の為に研鑽を積まねばならぬと発奮させられました。

サンヨー薬局は今後も積極的に学会に出席し、得た知識を患者様に還元します。

コメントは受け付けていません。