第20回緩和ケアフォーラムin岡山

平成24年5月30日に開催された「第20回緩和ケアフォーラムin岡山」に参加してきました。
今回は「進行性神経筋疾患の終末期ケア」という一般演題があり、在宅終末期の講演会がんターミナルの講演会という概念が強かった私としては大変考え方の広がった聴講となりました。

具体的には
神経筋疾患の終末期は・生命に関わる症候が出現し始め、・延命につながる医療処置を選択しないと決定した時期から始まり、・期間は、疾患や個々人により、大きく異なる。
#医療処置の選択は、患者自身の意思が原則であり、変化することをつねに考慮して対応する必要がある
生命に関わる症候 : ⑴換気不全⑵気道クリアランスの障害⑶循環不全⑷経口摂取困難

呼吸補助を希望しない患者の終末期ケアー2002年日本神経学会ALS治療ガイドラインよりー
・苦痛緩和を最優先
・薬物療法は基本的には癌に準ずる
 呼吸困難(感)に対し、オピオイドの投与、ジアゼパムやミダゾラムの非経口投与
 疼痛に対して、鎮痛消炎薬、弱オピオイド、強オピオイド、抗鬱薬の投与。
 (弱オピオイドはskipすることが多い。呼吸苦にはモルヒネ使用、クロルプロマジンも有効)
という内容で、がん性疼痛以外にもオピオイドを使用することや、呼吸困難(主観的な症状)・呼吸不全(客観的な病態)のため弱オピオイドはskipし強オピオイドを使用するケースが多いことを学びました。

教育講演の「疼痛コントロールとしての硬膜外麻酔の効用について」は痛みの伝わり方と硬膜外麻酔についてという内容でした。在宅患者では管理が難しいということでしたが、オピオイドの投与量が増えすぎていたり、とりあえず除痛といった時には有用であり、病院内での緩和ケアについて理解を深めることができました。

また、「緩和ケアフォーラムin岡山」ホームページが立ち上がったという話がありました。定期的にチェックしていこうと考えています。
http://www.med-gakkai.com/kanwa-okayama/
                                                        

コメントをどうぞ