2012年8月30日 のアーカイブ

山陽新聞に掲載されました

平成24年8月27日発行の山陽新聞に、サンヨー薬局薬剤師の二階堂が掲載されました。
(画像クリックで拡大できます)

 
 

 

 

 

 

 

 
 

 

サンヨー薬局グループは、日頃より在宅ケア事業に力を入れております。
そのため、患者様宅への訪問活動はもちろん、研修会にも積極的に参加しております。

二階堂は在宅ケア活動主任として、患者様のために日頃より尽力しております。
また、自己の経験をサンヨー薬局全体で共有するために、社内スタッフへの研修も担当しております。

患者様のため全力で取り組む―当たり前のことではありますが、サンヨー薬局は在宅ケア活動を継続していきます。

在宅・施設対策検討会「紙おむつの選択・あて方について」㈱リブドゥコーポレーション

平成24年8月25日(土)サンヨー薬局あけぼの店にて在宅。施設対策検討会を行いました。
今回はリブドゥコーポレーションを講師に招き、紙おむつの基礎を学びました。

まず、おむつには外側用と内側用があり、外側用で最も重要な事は適切なサイズを選ぶ事だそうです。
それに対して内側用で重要な事はサイドギャザーをしっかり立てて利用する事です。
また尿量に合ったパッドを選ぶことでコストも抑える事が出来る事を教えて頂きました。
今回はおむつ各々の吸収量を実演したり実際にあててみてコツを教わったりとアクティブな勉強会でした。

また今回の症例検討は呼吸困難な在宅患者にモルヒネが処方された実際の例を討議しました。
実際の場でこのような処方を提案できる薬剤師が同じ職場にいる事を誇りに思うと同時に、学ぶべき事は多々あると実感しました。