在宅・施設対策検討会 「潰瘍性大腸炎」ゼリア新薬

1月12日(土)あけぼの店にて在宅研究会を行いました。
今回はゼリア新薬を講師に招き潰瘍性大腸炎とその治療薬について学びました。
大腸の粘膜に炎症が起きて下痢や腹痛が起こる、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎。
この病には5‐アミノサリチル酸(5‐ASA)製剤と呼ばれる薬が治療の主役であり,近年薬剤の進歩によって症状を抑える事が可能になってきました。
従来型の5‐ASA製剤サラゾピリンやペンタサと新しいアサコールとの違いについて教えていただきました。

我々薬剤師が積極的に関わることで寛解期でも確実に薬を使っていただく事、また食事や生活についてアドバイスすることが患者さんにとって有利なことです。
今後私どもサンヨー薬局はゼリア新薬と協力し、潰瘍性大腸炎の患者様への薬剤師としての新しいアプローチの方法のモデルケースを確立していく計画です。

コメントをどうぞ