講演報告 『在宅緩和医療の実際と求められるもの』

『在宅緩和医療の実際と求められるもの ~それぞれの立場から~
 在宅訪問薬剤師の立場から』
 2013年2月23日(土) 14:00~
 岡山コンベンションセンターにて 
 岡山県緩和ケア普及促進事業
 主催:岡山大学大学院医師薬学総合研究科 緩和医療学講座 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンヨー薬局原尾島店 二階堂が  『在宅訪問薬剤師の立場から』 として講演いたしました。
薬剤師の立場として行っていることとして

   ・医師の治療方針を理解し、医師と患者様の橋渡しに徹する
   ・薬について責任を持つ
   ・患者様の状況を確認し、残薬調整のため処方日数調整を提案する
    また、処方提案も行う
   ・ご家族の薬管理の負担を軽減する

ことを報告。

また、現在の弱点として

   ・情報量の不足
   ・在宅と配達が混在している

も挙げ、在宅薬剤師の活動アピールの必要性と、医療連携の重要性も報告しました。

 

 

 

 

 

 

 

 
在宅の実例も数件報告し、薬剤師としての取り組みをわかりやすく発表しました。
薬剤師がどんな在宅活動をしているのかを、他業種の方にも理解していただける内容であったかと思います。

今後も、我々の活動内容をアピールし、薬剤師として、在宅医療連携をとっていけるよう、努力してまいります。

 

コメントをどうぞ