今後の医療と在宅医療における薬剤師に求められる役割 平成25年3月全体研修

3月の全体研修は「今後の医療と在宅医療における薬剤師に求められる役割」というテーマで大日本住友製薬を講師に招き講演して頂きました。


ますます少子高齢化が進み都市集中型の人口分布になるであろう日本。
国は「どこに住んでいてもその人にとって適切な医療・介護サービスが受けられる社会」を作ろうとしています。
そのため医療や介護の仕組みを改善し、その大きな流れの一貫として在宅医療を推進しています。
その中で保険薬局に求められる役割は大きく、地域におけるセルフメディケーションの拠点であることが求められます。
また後発医薬品の使用を促進し医療費の抑制に貢献することも期待されています。
サンヨー薬局では今後も積極的な在宅活動を行います。

コメントをどうぞ