抗菌薬の適正使用 平成25年4月全体研修

今月の全体研修はシオノギ製薬を講師に招き抗生物質の基礎からトレンドに至るまで教えて頂きました。
薬剤全体にしめるパーセンテージは年々減っているものの、セフェム・マクロライド・キノロン系だけで2500億円市場ある抗生物質。
その中でも抗菌スペクトルの広いセフェム系、とりわけフロモックスは様々な科で処方される頻度が高いとのこと。
その抗生物質が濃度に依存するか時間に依存するかというPK/PD理論に基づき最も適切な量を服用方法があるということ。
また様々な病原菌に対する各々の抗生物質の感受性を示したデータなど、早速毎日の業務に活かせる情報を提供して頂いたように思います。

さらに今回の勉強会では新入社員の紹介もありました。
新卒、中途と個性溢れる人材がサンヨー薬局に加わりました。
サンヨー薬局では社員全体で研鑽に励み、地域貢献に尽力します。

コメントをどうぞ