第34回岡山県病院薬剤師会癌薬物療法研究会参加報告

平成25年4月13日(土)岡山コンベンションセンターにて開催された第34回岡山県病院薬剤師会癌薬物療法研究会に参加しました。 

内容は
①-話題提供- アフィニトール(腎細胞癌治療薬)
②がん患者さんの口腔内ケア
③癌の治療法 -腹腔鏡手術と薬物療法-
でした。

①では経口抗がん剤が増えつつあり、分子標的薬について学びました。
②では、早期からの口腔ケア介入の重要性について学びました。
③では、まだどの治療が正解か明確ではない状態だと話をされていましたが「腎・尿路がんはだんだん増えてきている」「腎がんの疫学(原因)として⒈日常の生活習慣⒉職業⒊長期透析⒋遺伝因子」「腎がんに特異的な血液腫瘍マーカーはない」「腎癌の特徴として増殖・進行スピードは比較的ゆっくりしている」「腎癌の骨転移は前立腺癌と異なり、溶骨性転移である。前立腺癌よりも骨関連事象(SRE)を生じやすい」等、大変興味深い内容でした。

 日々進歩している経口抗がん剤の領域は、勉強を継続していないと患者様に訂正な情報提供ができないと感じた講演でした。

        

コメントをどうぞ