第6回日本在宅薬学会学術大会 参加報告

平成25年7月13~15日に開催された第6回日本在宅薬学会学術大会「共同薬物治療管理の実践に向けて」に参加しました。

                               

平成22年医政発0430第1号「薬剤師を積極的に活用することが可能な業務」として具体的に例が上がって約3年が経ちますが、業務拡大についての解釈について再度考え直す必要があるような事例も出始めていると話がありました。

一方で、学会認定のバイタルサインディレクター講習を受講した方の1年間の取り組みや薬学6年生に移行してからの薬学教育の現場の話など、どんどん進んでいる現状も確認しました。

   

特に薬物動態に関しては薬剤師のど真ん中であり、今後「薬剤師を積極的に活用する」といった上では絶対にしないといけないことだと強く感じます。

  

サンヨー薬局は在宅活動に積極的に取り組んでいますが、これまで以上に薬剤師としてできることをしっかり考えていく必要があると感じました。

コメントをどうぞ