2013年8月 のアーカイブ

研修会報告「食物アレルギーとその対処法 – エピペンの使い方 – 」

平成25年8月26日 賀茂川中学校にて

主催:吉備中央町教育研修所給食部会
講演:井手 良太


学校や園でアナフィラキシーのリスクを持った子どもたちへの対応が、教育・保育の現場で大きな課題になっています。
今回、吉備中央町教育研修所給食部会研修会で「食物アレルギーとその対処法-エピペンの使い方-」という演題で講演しました。

1)アレルギーの基礎知識
2)アナフィラキシー(ショック)の定義
3)エピペンの使い方(疫学等を含む)
  
今回参加されていた中学校の先生より、エピペンを携帯している生徒がいることを聞き実際の現場での対応なども聞くことができました。
また今回のように普段接する機会が少ない地域の方と接することを継続し、地域包括ケアシステムの構築に貢献していきたいと思います。

施設での研修会開催報告

8月某日、某施設において新規開業を予定する、サービス付き高齢者向け住宅の講習会に参加し、薬局として医療安全と禁忌薬のタイトルにて勉強会を行いました。

ご要望のあった、薬の使い方や薬の種類、飲み物との飲み合わせでこんな大変ことになるといった全般的な話と、他職種に知って頂きたい薬の話、禁忌薬がなぜ怖いか等、実際に事故に繋がったケースの事例。

まとめとして色々なことを知ったうえで危険な匂いをかぎとってもらい、そこで薬局に頼ってもらえる事が結果的に薬剤の医療安全につながるとお話させて頂きました。

今回、資料を作成しどういう事を知って欲しいのかを自分で考察し勉強会を開きました。調剤薬局が今後、在宅や施設に介入して薬剤管理を円滑にすることが施設の負担を軽くし、薬剤事故の防止に役立つということを再認識致しました。