第23回 日本医療薬学会年会参加報告

平成25年9月21日(土) – 22日(日) に 仙台国際センター、東北大学キャンパスで開催された第23回日本医療薬学会年会に参加しました。

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、多大な被害をもたらしました。
東北大学は母校でもあり、私が利用したことのある施設が倒壊し、更地となっておりました。
懐かしい通学路の整備が未だに終わっていないことからも、まだまだ震災との戦いは続いていると感じました。

そのような中で危機に瀕する医療の再興、そして医療を再考し薬物療法をベースにした最高の医療を創ろうという意気込みで、今年会は開催されました。

会場では多くの発表がなされており、いずれも医療のさらなる発展に貢献しようという意欲に溢れていました。

今後は更に研鑽を積み、自分にできることを増やし、情報を受けるだけでなく発表することで医療に貢献できる仕事をしていきます。

 

コメントをどうぞ