第46回日本薬剤師会学術大会 参加報告 山陽町 木下

平成25年9月22日(日)・23日(月・祝)に開催された 第46回日本薬剤師会学術大会に参加し、
『新規開業するサービス付高齢者専用賃貸住宅における薬剤管理業務に関する多職種連携の報告』として口頭発表してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

開催地が私の母校のある大阪でしたので、なんとなく緊張せず行えるかと思っていましたが、口頭発表という形式ではデビュー戦でもあり、なかなかの緊張感での発表でした。

発表内容は、自身の担当した新規開業のサ高住での問題点、そこで他職種との連携で起こった事、気づいたことを中心に行いました
さらに、薬剤師がいかに施設や在宅で職能を発揮できるかというところ、また在宅医療で目指すところについても述べさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカーブースも盛況で、意外なところでは、小児用散剤の矯味についての発表、乳鉢のコンタミについての発表に人がよく集まっていました。
在宅業務でのヒヤリハットや、無菌調剤手技研修会などの発表も大変興味深い内容でした。

在宅に関する内容は、口頭発表でもポスター発表でも大変な注目度でした。
明らかに他の分野よりも人だかりが多く旬なテーマなんだなと改めて感じました。
また、自分が任せられている業務がいかに重要で意義があり他職種にも注目されているかということを改めて再認識致しました。

 

 

コメントをどうぞ