AEDについて H26年4月全体研修

今回の全体研修はFUKUDADENSHIを招いてAED(自動体外式除細動器)について学びました。
主要な死亡原因の一つである心臓突然死は交通事故死の10倍にも上るとのことです。
多くの原因は心室細動と呼ばれる心臓の不規則な痙攣です。
スポーツの最中などに起こる事が多く、誰にでも起こる可能性があります。
これに対して最も有効な治療法が、5分以内の電気ショックによる除細動です。
今回は実際にAEDに触れ、また胸骨圧迫の方法を出席した全員が体験しました。

医療に携わる我々には知っておくべき知識であることを再認識する機会になりました。

コメント / トラックバック1件

  1. より:

    先日、某スタジアムで倒れている方をおみかけしました。
    幸いというか、大事には至りませんでした。
    ただ、こういったことが身近に起こりうるということを、意識しておきます。

コメントをどうぞ