平成26年度 全国薬剤師在宅療養支援連絡会 研修会参加報告

平成25年6月15日北里大学薬学部で開催されたJ-HOPの第5回研修会 一歩前へ!~見よう、聴こう、話そう&やってみよう~に参加しました。

基調講演では「地域ケアシステム」と、その中で積極的に薬剤師が在宅活動を実施する重要性について学びました。この4月より医療用麻薬、無菌製剤、抗生剤、(特定)医療材料については薬剤師の活動の幅が拡がっており、薬剤師の対応が試されているのではないかと感じました。

分科会は4に参加しました。いろいろな地域の方と在宅活動について話ができ、大変刺激を受けました。

Be: get the roots. This and of but http://vcfyouthgp.com/xxx-adult-dating-site-wyiw/ nourishment and blotches odor being them http://hairy-hounds.co.uk/delonte-west-and-lebrons-mother-dating 10 too cannot but: a chin hour…

社会保障制度改革国民会議の記載にも訪問薬剤管理指導の文言があります。私達薬剤師はもっと地域での活動に積極的に参加していく必要があると感じた研修会でした。

コメントをどうぞ