2014年7月 のアーカイブ

2014年夏期JSPEN臨床栄養セミナー東京参加報告

平成26年7月26・27日2014年夏期JSPEN臨床栄養セミナー東京に参加しました。


7月26日
・認定制度について
1.消化器解剖、生理
2.栄養素の生化学・代謝
3.水分・電解質代謝
4.栄養障害の病態生理
5.栄養評価
6.小児の特殊性と栄養必要量
7.経腸栄養剤の種類と選択
7月27日
8.経腸栄養法の管理
9.静脈栄養法の処方設計
10.静脈栄養法の管理
11.在宅栄養療法

この研修は栄養サポートチーム(NST)専門療法士の認定試験受験に必須のセミナーの1つです。

以前より参加したいと思っていたので、やっと受けられたという感じです。
参加者は多職種に渡り、内容も専門的かつ重要な事ばかりでした。
私は実地修練を受けていないのですが、このセミナーを受け早く実地修練を受けたくなりました。

栄養の話だけではないですが、チームで共通の知識を持ちそして各々の職種の特徴を出すことが非常に大切です。
今回学んだ事をさっそく明日からの業務に役立てて行きたいと思います。

第7回日本在宅薬学会学術大会

平成26年7月20、21日大阪国際交流センターで開催された第7回日本在宅薬学会学術大会に参加してきました。

シンポジウムでの講演では、医師の方が薬剤師に求めていることを把握し、薬剤師を頼りにしていることを実感しました。
在宅へと業務がシフトしていく中で、医師に頼られ、信用してもらえるよう知識を身に着けていかなければならないことを改めて痛感しました。

一般演題は先輩お二方の素晴らしい発表を聞くことができ、発表・質疑応答の仕方の勉強になりました。

懇親会では様々な地域・年代の薬剤師と交流でき、在宅のやり方・考え方などを聞くことが出来ました。
日常での業務のモチベーションが上がるとても有意義で刺激的な会でした。

今後も他職種と連携し施設・在宅双方の患者様へより良いサービスを提供出来る薬剤師になれるよう得られた知識を活用していきたいと思います。