第24回日本医療薬学会年会 参加報告

第24回日本医療薬学会年会 ~新時代を拓く医療薬学フロンティア~

平成26年9月27日(土)・28日(日)
会場:名古屋国際会議場

サンヨー薬局西川原店から、演題名「直接トロンビン阻害剤、経口Xa因子阻害剤を処方された患者の意識調査」を、齋藤、武田が発表いたしました。

薬の専門家として医薬品の正確・確実な供給だけでなく、医薬品の有効性と安全性確保のため、様々な場面で治療管理に関わる立場にある薬剤師は、病院・診療所ではチーム医療の一員として、また、薬局では地域医療のキーパーソンとしてセルフメディケーション、在宅医療における他職種との医療協働を行うことが、今後ますます強く求められることとなること、日本が世界に誇る国民皆保険制度は、年々増大する社会保障費により存続の危機に晒されていることより、医療アクセスを確保するため、医療職種の専門性に基づいた医療の質向上と効率化は必須であることなど、様々な環境の変化における近年の状況の中で、今後薬剤師が担っていかなければならない新たな役割、対応、実践およびその責任に関する講演が目立ちました。

コメント / トラックバック1件

  1. 薬剤師 より:

    高い評価を頂いた発表だとお伺いしています。
    参加された方々の熱意が感じ取れます。
    ぜひ、社内向けの研修発表会をお願いします!

コメントをどうぞ