在宅療養支援認定薬剤師

日本在宅薬学会による第4回 在宅療養支援認定薬剤師 認定試験が平成30年1月7.8日に実施され サンヨー薬局より 2名の在宅療養支援認定薬剤師 が誕生いたしました!

以下、合格者の声です。

あけぼの店 竹内孝明

岡山県倉敷市を中心に在宅業務をしています。2年前より在宅専任になりました。 業務の中での迷いや悩みなどありましたが、この学会に出会い、いろいろな研修や学会に参加するようになりました。 たくさんの人に出会い、多くの気づきや、励ましをいただき、業務を改善することができました。 今回いただいた認定資格に負けないよう、真に地域に必要とされる薬剤師となれるよう、自己研鑚を続けていきたいと思います。

山陽町 木下聡士
五年前から施設や個人宅の在宅を担当させて頂き、多職種連携、地域貢献活動に自分なりに力を入れてきました。知識や考え方で行き詰った時に日本在宅薬学会を知り、各講習会、学会に参加致しました。その結果、バイタルサイン等、日本在宅薬学会から学んだ事を実業務に落とし込めたと実感しています。今回の認定取得をスタート地点と考え、今まで以上に地域の在宅療養の支援を行って参ります。

当社では認定薬剤師や専門薬剤師取得、各種研修の参加奨励、支援を積極的に行っております。今後も現場で知識を活かせる薬剤師を、薬局内外の研修で教育して参ります。

コメントをどうぞ