よくある質問と回答

薬局業務に関して

質問 調剤薬局ってどんなところですか?
回答 薬剤師が販売又は授与の目的で調剤を行う場所です。処方箋に記載されたお薬を混ぜ合わせたり、一つの袋にまとめたり、時には粉砕するなどして、患者様一人一人に合うよう用意します。さらに処方箋をチェックし、時には内容を医師と協議します。そうして患者様により分かりやすく不安の無いようお薬を安全に飲んで頂くための説明をさせて頂きます。
質問 処方箋に有効期限はありますか?
回答 医療機関から交付された日を含めて4日間有効です。(土日祝日も含まれます。)5日目以降は処方箋が無効になりますので、それまでに薬局に処方箋をお持ち下さい。
質問 薬だけが欲しい時、医師の診察なしに薬局で薬を調剤してもらうことはできますか?
回答 できません。医師の診察の結果出された処方箋に基づいて薬局で調剤しますので、必ず病院を受診してください。
質問 FAXを使って、処方箋を薬局に送ることができますか?
回答 できます。事前に薬局に処方箋をFAXで送っておき、後で薬局に処方箋を持って行けばお薬を受け取ることができます。
質問 お薬手帳とは何ですか?
回答 お薬の服薬歴を記録するノートです。複数の病院から薬をもらっている場合、重複している薬や飲み合わせをチェックすることができます。また次回、医師や薬剤師に尋ねてみたい事、購入した市販薬の事などを記録する健康ノートの役割でもあります。
質問 お薬はどこの薬局でも調剤してもらえますか?
回答 「保険調剤」、「院外処方せん受付」等の表示のある薬局なら全国どこの薬局でも調剤してもらえます。
質問 処方箋は家族などの代理人が持って行ってもいいのですか?
回答 構いません。ご家族などが処方箋をお持ちになっても、お薬を調剤できます。
質問 食前・食間・食後とはいつのことですか?
回答 食前:食事の30分くらい前。食間:食事と食事の間頃。(食後2時間くらい後のこと)食後:食事の後、30分くらいまでの間。食直前:食事のすぐ前。食直後:食事のすぐ後。

就寝前:寝る30分くらい前。

*食事の影響を受ける薬には、食直前や食直後の用法のものがあります。

質問 薬はどのくらいの水の量で飲むのがいいですか?
回答 一般的には、1回分の薬をコップ一杯(180ml)くらいの水の量で服用するのが適当です。水の量が少ないと、お薬が食道や胃にくっついて潰瘍ができたり、薬の吸収が遅くなって効き目が悪くなることがあります。
質問 水以外の飲み物で薬を飲んでもいいですか?
回答 薬の種類によっては、効き目が悪くなったり、味が悪くなったりするような場合がありますので、基本的に水かぬるま湯で飲むようにしてください。
質問 OTC薬品とはなんですか?
回答 医師の処方箋なしに薬局・薬店で購入できる「一般用医薬品」のことです。OTCとはOver The Counterの略です。
質問 ジェネリック医薬品とは何ですか?
回答 これまで使われてきたお薬の特許が切れた後に、同一成分と効能・効果で同等の品質で製造販売されるお薬です。最初に開発された薬を(先に発売されたという意味で先発薬品)、その後に作られた薬を(後で発売されたという意味で後発薬品=ジェネリック(一般名表示する薬))と言います。大手メーカーと中小メーカーの区別ではありませんので、大手メーカでも後発薬品を発売しています。
質問 ジェネリック医薬品は先発品の薬と同様に効きますか?
回答 ジェネリック医薬品は先発薬品と同等であること(成分・規格・効能・効果)が、国の検査機関で承認されたのちに販売されています。ただ、先発品とは薬の性状やコーティングが多少異なっていたり、効き方には若干個人差がみられることがありますので(国の承認範囲の中で)、異常を感じた時には医師・薬剤師に相談してください。
質問 お医者さんでもらう薬には、成分は同じで名前の違う薬があるのですか?
回答 はい、あります。例えば、ある高血圧の薬は成分が同じで名前の異なる薬が数十種類以上あります。多くの薬は、同じ成分のものを複数のメーカーが販売しています。
質問 「かかりつけ薬局」をもつメリットは何ですか?
回答 患者様の薬の服用の記録を作り、お薬の重複や相互作用による副作用などの健康被害を未然に防止することができます。また、お薬についての説明や服薬指導、健康から生活全般に関する情報の提供を受けることができます。継続的に、一人ひとりの患者様をサポートすることができ、きめ細やかな説明やフォローが可能となります。

採用に関して

質問 配属先はどのようになるのですか?
回答 岡山県にて、複数店舗を展開しています。出店予定もありますので、勤務希望エリアを伺いながら、それに沿った人事を配慮しています。
質問 教育制度はどのようになっていますか?
回答 モチベーションやスキルを高める多角的な教育サポートシステムを取り入れています。具体的には学会・研修会への参加/発表はもちろん、新人には新人研修、中堅者には窓口レベルアップ研修、在宅・施設担当者を対象とした在宅・施設担当者会議、全職員を対象とした全体研修会などを積極的に実施しています。また、認定薬剤師など各種資格取得支援制度もあります。
質問 労働時間はどのようになっていますか?
回答 原則、週40時間で勤務時間は9:00~18:30ですが、店舗により多少異なっています。シフト制になっているところもあります。
質問 福利厚生はどのようになっていますか?
回答 健康保険・雇用保険・労災保険・厚生年金などの各種保険、産休、育児休暇などがあります。
質問 休日はどのようになっていますか?
回答 月休8休制(週休2日と同様の考え方です)で、日曜・祝祭日、年末年始、夏期休暇、慶弔休暇、有給休暇、特別休暇などがあります。